告知:90名の記憶する足形 Yoko Tamura Exhibition

90名の記憶する足形

告知:90名の記憶する足形

Yoko Tamura Exhibition

ファイバーアーティスト田村陽子が東京で個展をします。

ライフワークとしている「人の記憶の積み重ねが見える足」の「足形」を編む作品が90名になりました。

札幌、京都、韓国での展示経験がありますが、日本の首都、東京で初めての個展。

Yoko Tamura Exhibition

Yoko Tamura Exhibition

開催ギャラリー

CASE GALLERY

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町55-6
電話: 03-5452-3171 ファックス03-5452-3173

小田急線代々木八幡駅北口より徒歩6分、東京メトロ千代田線代々木公園駅1番出口より徒歩7分、京王新線初台駅東口より徒歩10分


田村陽子 1949年北海道余市生まれ
受賞暦

  • 2009年
    JR Tower Art Box公募展優秀賞 /札幌
  • 2015年
    500m美術館グランプリ展 最終審査通過者  500m美術館/札幌

詳細: http://yoko-tamura.info/about/


90人の足形モデルになってくれた方々、感謝を申し上げます。

  1. 山岸せいじ   
  2. 竹田博
  3. 今井和義
  4. 市川義一
  5. 出田郷(いでたごう)
  6. 牧野秀昭
  7. 石川亨信(としのぶ)
  8. 小山三千子
  9. 加藤祐子
  10. 松岡えりこ
  11. 堂間葉子
  12. 岡本知世
  13. 柴田敬子
  14. 鈴木涼子
  15. 小宮山和子
  16. 内山礼子
  17. 椎名澄子
  18. 仲嶋貴将(よしゆき)
  19. 林教司(のりつぐ) 
  20. 笹岡素子
  21. 長谷川雅志
  22. 中村友三
  23. 宮尾雄二
  24. 川上りえ
  25. 平松和芳
  26. 渡辺潤
  27. 椎名勇仁(たけひと)
  28. 嶋田観
  29. 山田勇男
  30. 下沢敏也
  31. 毛内やすはる
  32. 伊藤隆弘
  33. 藤本和彦
  34. 原田和呼(わこ)
  35. 林玲二
  36. 伊藤隆介
  37. 漆山豊
  38. 星野修三
  39. ひづめしゅんじ
  40. 亀井由利
  41. 為岡進
  42. 外山欽平
  43. 伽井丹彌
  44. 野又圭司
  45. 池田緑
  46. 藤川弘毅
  47. 上條千裕
  48. 花輪和一
  49. 板橋文夫
  50. 原マスミ
  51. 佐々木雅子
  52. 阿部千代子
  53. 岡本興大
  54. 村岸宏昭
  55. 柴田博美
  56. 阿部守
  57. 本出ますみ
  58. 斉藤邦彦
  59. 吉住弘之
  60. 高山富士子
  61. 杉吉貢
  62. 内山さつき
  63. 宮本市子
  64. 袋坂ヤスオ
  65. ダムダンライ
  66. 小石巧
  67. 阿地信美智
  68. 加藤宏子
  69. 村田由紀子
  70. 三輪幸子
  71. シェルター セラ
  72. 中島弘美
  73. 朝日章
  74. 横須賀令子
  75. 岡本絵麻
  76. 関島寿子
  77. 原田聡美
  78. 端聡
  79. 藤沢レオ
  80. 熊澤桂子
  81. ユン ドンチュン
  82. 留美
  83. 染田リサ
  84. 谷口顕一郎
  85. 赤坂真一郎
  86. 永岡大輔
  87. 野村裕之
  88. 今井大蛇丸
  89. リー へヨン
  90. 高臣大介

2月24日18:00~20:00 オープニングパーティーを開きます。お飲み物と軽食をご用意してお待ちしておりますのでいらしてください。

90名の記憶する足形

90名の記憶する足形

Hokkaido Stereographic expression Exihibition in 2008-Remember 64 People Soleprint-

Hokkaido Stereographic expression Exihibition in 2008-Remember 64 People Soleprint-

Yoko Tamura Exhibition in 2006-Remember Soleprint-

Yoko Tamura Exhibition in 2006-Remember Soleprint-


タイトル「記憶する足形」について

私は「記憶」や、「生命」などと言う言葉を簡単に使ってタイトルをつけたくない、とずっと思っていました。
足形を編み、「記憶する足形」と言う言葉を考えた時、上記のように考えている私が「記憶」という言葉をタイトルにつけて良いのかと悩みました。
「足形という物」が人の記憶を有してはいないけれど、あの足形の中に、確かにその人の足はあった、という事で「記憶する足形」というタイトルにしました。